頭皮ケアシャンプーについて知ろう!

頭皮ケアシャンプーについて

  • 頭皮シャンプーを考える前にまず頭皮の皮脂について理解しよう!
  • 皮脂は薄毛や抜け毛の原因なの?
薄毛や抜け毛の原因が「毛穴の詰まり」や「皮脂が過剰に分泌していること」にあると思っているかもしれませんが、実はそうではありません。皮脂が頭皮に必要以上に分泌されてしまうと毛穴が詰まってしまうのは事実です。
 
これは髪の毛にとって決してベストなコンディションではありません。しかしなが等、皮脂は身体にとって決して不要ではありません。
 
  • 皮脂は髪の毛が成長することに不可欠な大切なもの!
皮脂が問題になるのは過剰分泌するからです。適量ならば皮脂は頭皮にとって悪いどころか重要な働きをしてくれます。
 
皮脂は汗と混じることによって、言わばスキンクリームのような働きをします。保護膜として外部からの刺激から頭皮を保護してくれるのです。
 
皮脂が全くない状態や極端に少ない状態になってしまうと、外からの刺激に無防備な状態になりとても危険です。皮脂が少ないと頭皮の負担が大きくなります。頭皮が肌荒れを起こしてしまって薄毛・抜け毛の原因になります。皮脂は多すぎても少なすぎても頭皮には望ましくありません。適度な量にコントロールすることが大切です。
 
 
 
  • スカルプシャンプーとは?
頭皮の皮脂を取り過ぎないことが頭皮ケアにつながりますが、それを目的としたシャンプーがスカルプシャンプーです。頭皮ケアの基本は頭皮の皮脂を適切に維持することです。スカルプシャンプー(頭皮シャンプー)は頭皮の皮脂を取り過ぎないように考えられています。洗浄力がやさしいタイプで頭皮のコンディションに注目しています。
 
皮脂を取りすぎないで適度な状況を維持することにより理想的な頭皮の状態をつくるのがスカルプシャンプーです。頭皮の状態が健康になるにつれて髪の毛が生えてくるようになるという結果になります。
 
 
 
  • 適切な頭皮シャンプー(スカルプシャンプー)を使って頭皮の環境がいいとどういったことが起こるのか?
頭皮が皮膚呼吸をすることができます。血の巡りも良くなりますから頭皮は柔らかさを取り戻します。皮脂の保護膜ができるようになってきます。頭皮と髪の毛の本来あるべき状態になるのです。
 
髪の毛を作り出してくれる毛母細胞にとってもベストな環境が実現します。しかしながら、頭皮の状態が悪いと髪の毛を作り出す毛母細胞に栄養が行き渡りません。血液がキチンと栄養を運ばないからです。
 
 
 
  • 一般的なシャンプーを使用すると頭皮に必要な皮脂を取り過ぎてしまいます
皮脂を取り過ぎると頭皮環境が極端に悪化します。一般的に市販されているシャンプーの大部分は洗浄力が強すぎるのです。だからどうしても皮脂を取り過ぎてしまいます。皮脂をしっかりとることは良いことがと思いすぎです。脱脂力が強すぎるのは頭皮ケアには逆効果になるのです。
 
 
 
  • 頭皮の皮脂と取りすぎてしまうとどうなるの?
身体は皮脂が不足していると判断して過剰に皮脂を分泌することになり、頭皮は皮脂でギトギトになります。これでは悪循環に陥ってしまいます。
 
頭皮が皮脂などの油分が過剰な状態になると皮膚呼吸ができません。髪の毛を作り出そうとしている毛母細胞は酸欠状態になります。その結果、髪の毛や皮脂が不健康な状態になります。油分が酸化してしまったり、雑菌が繁殖したりする原因にもなります。
 
 
 
  • シリコンが大量に配合されているシャンプーと頭皮ケアの関係性
シリコンが頭皮の皮膚呼吸を妨げると主張する人もいます。シリコンはコーティング剤です。皮膜を作ることで髪の毛をツヤツヤ・ツルツルにして綺麗な印象を与えてくれます。皮膜で皮膚呼吸を妨げるから頭皮には悪影響があるという考え方です。
 
しかし、実際にはシリコン剤は皮膜の構造がメッシュ状になっています。髪の毛には皮膜を形成します。けれども、頭皮には皮膜を形成しにくい特徴があるのです。こういったことからシリコンが皮膚呼吸を妨げているとは断言できないことがご理解いただけるでしょう。
 
ここで注意しておきたいのは、必ずしもシリコンが頭皮ケアにプラスに働くとは言い切れないことですシリコン配合のシャンプーは脱脂力が強いからです。皮脂を取り過ぎる傾向があります。頭皮を気にするならばシリコン配合のシャンプーを避けたほうがいいのは、こういった理由からです。

頭皮ケアシャンプー・トリートメント